給湯器の交換が必要かどうかを水道修理業者に相談

現代社会では、家電なしの生活はもはや難しいでしょう。しかし機械ものは、長年使っているとどうしても徐々にパーツなどが劣化してしまいます。その結果、少しずつ不具合が発生して、最終的には故障して使えなくなってしまいます。給湯器についても例外ではありません。給湯器の寿命はどのくらいなのかご存知でしょうか。一般的な寿命をある程度把握していれば、もし不具合が発生した時に給湯器 交換すべきかどうかも判断しやすくなります。なにかトラブルがあったときは、水道業者に相談するのがもちろんおすすめです。こちらでは、おおよその交換に関する目安について説明します。

■一般的な相場は10年

給湯器の寿命はどのように使っているか、どこで使用しているかで若干変わってきます。しかし一般的には10年も経過すれば、いつ故障してもおかしくないと考えましょう。
実際各メーカーは設計標準使用期間を定めています。家庭用の場合、ほとんどのメーカーがその期間を10年と設定しています。いつ製造されたものかわからないという人もいるでしょう。その場合、製品のフロントパネルもしくはサイドに記載されていることが多いので、製造年月日を自分で確認することができます。

■10年を超えて不具合の発生している場合は水道業者に交換を

もし給湯器の調子が悪くて、製造年月日から10年を超えているのであれば、買い替えも検討したほうがいいです。修理をしてもしばらくすると、またどこかでトラブルが発生する可能性が高いからです。
また、修理のできないケースも出てきます。実はメーカーでは修理のために交換用のパーツをストックしています。しかし設計標準使用期間を超えた機種の場合、パーツを製造していないことも多いです。つまりパーツを交換したくても、すでに部品の在庫がなく対応できないケースも出てくるのです。もし対応できても、古い機種の場合、修理費用が高く掛かってしまうこともあります。何度も高い修理代を支払うのであれば、交換をした方が結果的にお得になる可能性は高いです。

■まとめ
購入してから10年以上経過した機種であれば、そろそろ寿命である可能性は高いと考えられます。またパーツがなくなっていて、修理のしようがないというケースも出てきます。その場合には思い切って給湯器 交換の検討をしてみるべきです。もし不具合が発生した、調子がおかしいと思ったのであれば、修理、交換実績の豊富な水道業者に問い合わせて、専門家に状態を確認してもらいましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ